FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひさしぶりに・・・

かなりお久しぶりになってしまいました\(^O^)/

卒研始まってからマイコンカーをいっこも触れてない今日この頃(´・ω・`)

せっかくなので日記でも書きたいと思います。

****
****

私が第10希望の研究室でやっているのはですねぇ・・・

レーダーによる距離測定の超音波によるシミュレーション?です(笑)

研究室の環境は
Windows98SE?のノートパソコン(笑)
MS-DOSのデスクトップパソコン

開発言語はFortranなんちゃらです((

フォートランで・・・音を作ります。
ぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺ みたいな一定の間隔で音をだします。
1パルス

ノートパソコンにチャット用のマイクと安いスピーカーを接続しまして。

SPから出した音を身近な壁に反射させてMicで受け取ります。
1パルス反射波
Win純正のサウンドレコーダーで録音すると上のような波形がいただけます。

最初のデカいのが、SPからMicに入った直接派。
その次のぴょろってなってるのが壁から戻ってきた波形であります。

音速とか直接派から反射波までの時間を使うと、壁までの距離が測れるんですねー。

参考までに
C=331.5+0.607T
C:音速 T:室温(気温)

それができたら次はトーンバースト信号をぶつけてみます。
トーンバースト10波
10この波形を出してみました。

どんな違いがあるのか、1波と10波比べてみます。
測定条件は同じです(^-^)/

するとこんな風になります。
tb1v10比較
1波の場合は反射波も見えていますが、10波の場合は波形が広がってしまって
反射波もノイズに埋もれてしまいました。

こまった\(^O^)/

ここからデジタル信号処理が始まるわけですねー!

それはまた次回書きたいと思いますw
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まっすぅ

Author:まっすぅ


まっすぅです!

☆ようこそ☆


マイコン関係のブログを見つけたら勝手にリンクに追加したいと思います♪

みんなで小さなところから工業を盛り上げていきましょう(*´∀`)

***マイコン暦などコチラ***

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。